看護師にふさわしいメイクってどんなもの?

看護師というと職業上、派手なメイクはしてはいけません。しかし「スッピン」で患者さんに接することも失礼となります。
なのでまずは、健康的かつナチュラルな肌作りにこだわってメイクしていきましょう。看護職はハードな仕事となる場合が多いですが、それが顔色に出てしまうようではプロとは言えません。手軽で薄付きながら目の周りのクマや肌のクスミをカバーしてくれるファンデーションを使うことで、いつでもハツラツとした笑顔が似合う看護師でいましょう。この時、気になる部分をカバーしようとやたらファンデーションを重ね塗りしないよう注意しましょう。
ファンデーションでは隠し切れないクマなどは、コンシーラーを上手く使いこなすテクニックを覚えておきましょう。あくまでも「ナチュラルに」仕上げることが大前提です。また、肌のトーンを自然に明るく見せてくれる優秀下地に頼るのもアリだと思います。
同様の理由から、ほんのりと内側から上気したような血色感を演出してくれるチークもマストアイテムです。チークも付け過ぎたりしないように気をつけましょう。ラメなどが入っていないオレンジ系のカラーなら肌にも馴染みやすいので、ぜひ試してみましょう。
そして、意外と大切なパーツである眉を綺麗に整えることも忘れないようにしましょう。眉が整っていると、顔全体の印象が格段にアップします。洗練された知性をアピールできるので、仕事仲間から一目置かれる存在となれるうえ、患者さんからの信頼を得ることにも大いに役立つものとなるでしょう。眉も細すぎたり鋭い角度を描くような形は避けましょう。優しげで親しみやすい雰囲気を強調できるラインを目指しましょう。
メイクに自信がない時は「看護師のためのメイク術公開」を参考に、看護師にふさわしいメイクのポイントを押さえ、仕事がより楽しくスムーズなものとなるよう心がけていきましょう。