女性看護師にとっての悩みのひとつ

女性にとってはメイクは、成人して社会人になればマナーであり、身だしなみを整えるのと同じと考えた方がいいでしょう。人によっては、肌にアレルギーがあって難しい場合もあるかと思いますが、普通の状態であればするのが当然だと思われているのが現状です。
これは病院の中でも同様で、看護師もまた最低限のメイクは必要になります。しかしながら女性にとっては悩む場合も多く、新人として働き始めて困るのがどのようなメイクにしたらいいのかということだそうです。一般の企業は、ナチュラルタイプが推奨されて、厚化粧はNGになるようです。これは病院も同様ですが、対応するのが患者というところにより他よりも注意が必要となります。
普通の体調の人なら気付かない匂いや成分がアレルギーを引き起こす可能性も出てくるので、特に気を付けなければいけません。看護師として患者と接していて、化粧品のせいでストレスを与えては本末転倒です。しかし、医療の知識は持ち合わせていても、化粧品に関しては分からない場合も多いでしょう。そういった時は、先輩にストレートに尋ねるのがいいでしょう。病院ごとに漠然としたメイクスタイルや化粧品が決まっている場合もあるようですので、確認してみましょう。
こういった中で知らなかったとはいえ、普段通りの化粧をしたことによって、患者にアレルギーを起こさせてしまったり、同僚の反感を買うなどのトラブルに発展する場合もあるので注意しましょう。医療の現場で働くからこそ、化粧品ひとつでもしっかりと気遣う、こういった気持ちが大切になります。