メイクで決まる看護師の印象とは

看護師は、仕事中にマスクをすることが多々あると思います。
ファンデーションや口紅を濃く塗るとマスクにべったりと付いてしまいます。なので、看護師はナチュラルメイクの人が思ったより多いと思います。アイブロウでしっかりと眉を作り、アイラインを入れて目をはっきりさせるメイクが主流となっているようです。
二重まぶたで目のパッチリした人は、アイラインをすると狸目になるので、まつげカールやマスカラなどで印象的な目元にすることがオススメです。その際、マスカラはウォータープルーフのものにしないと、知らないうちに鏡を見たら目の下がマスカラで真っ黒なんてことになりかねません。かといって、付けまつげは付ける事は止めましょう。仕事中に落ちたりしたら、大変なことになる可能性があります。
アイシャドウは、ベージュやブラウン系を選びましょう。色をつけすぎると白衣と合わないどころか、コスプレと間違われるようなチグハグな感じになってしまいますので注意しましょう。チークの入れすぎも清潔感がなくなるので止めましょう。マスクの位置よりも高めに、ほんのりピンクにさせるくらいが良いでしょう。
通勤の際には、UVクリームで紫外線対策をしっかりと行い、その上から薄っすらとファンデをしましょう。リップはグロスでテカテカさせずに、ナチュラルなピンク系がいいでしょう。
また、メイクをしたらその日のうちにしっかり洗顔しましょう。疲れきって、そのまま寝てしまうと肌荒れの原因になってしまいます。ただでさえ、不規則な勤務が続くので肌のコンディションを保つためにも「清潔感」を第一に考えることが大事です。